読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーぱーブラザーズの部屋

複数のTCG他諸々

新進気鋭!屑鉄さらい!

MTG

やあ (´・ω・`)
ようこそ、すーぱーブラザーズの部屋へ。
この記事とノリはサービスだから、まず読んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ジョニー魂」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐としたMTGで、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この記事を書いたんだ。

じゃあ、組み合わせを書こうか。

 

•屑鉄さらいって?

f:id:SuperBr:20161206030600j:image

ああ!それって最新カード?

ということで『霊気紛争』でプレビューされたばっかり、ホットな新進気鋭のお披露目だ。

屑鉄さらいは不確定3マナのアーティファクト•クリーチャー。スペックは3/2と最低限のサイズ。

自身か他のアーティファクトが墓地に落ちた際に、そのマナコストよりも少ないアーティファクト•カードを手札に回収する能力を持つ。

つまりは全てのアーティファクトに墓地のアーティファクト回収のpig能力を付与するクリーチャー。どう見ても悪用してくれとしか書いてないので喜んでそうしてやりましょう。

 

•屑鉄さらい+クラーク族の鉄工所が熱い!

f:id:SuperBr:20161206030600j:imagef:id:SuperBr:20161206031208j:image

クラーク族の鉄工所はアーティファクトをサクッて無色2マナを生み出す優秀なアーティファクト。要はマナ•アーティファクトから追加で2マナを獲得出来るので、こんな使い方をしてみた。

 

 a.+マナコストより1マナ以上多くマナの出るアーティファクト+屍族の死のマント

f:id:SuperBr:20161206031550j:imagef:id:SuperBr:20161206031601j:image

要は屑鉄さらいをクラーク族でサクッてマントで場に釣り上げ、回収したマナ•アーティファクトを再展開→無限マナのルート。

この際に必要とされるのがマントの4マナ+アーティファクトのマナコストなので、基本的にサクるアーティファクトからそれ自身を唱えるマナコストより多くのマナが出なくてはならない。

これに該当するのは大体古の強力なアーティファクト達。例えば例に挙げたMana cryptだったりMana vaultだったりはその典型。太陽の指輪や厳かなモノリスなどもそうだし、モダンで馴染み深いオパールのモックスもそれに当てはまる。ライオンの瞳のダイアモンドとBlack Lotusもそうだ。

なおここに起源室や召喚基地などを一枚挟む事で適応のアーティファクトの幅をグッと広める事が出来る。特に起源室は扱いやすいので試す価値は大きい

 

 b.+4マナ以上のマナ•アーティファクト+彫り込み鋼(一部ファイレクシアの変形者)

f:id:SuperBr:20161206033327j:imagef:id:SuperBr:20161206033436j:image

屑鉄さらいの効果は墓地に落ちた際のアーティファクトのマナコストを参照する。

つまり4マナ以上のアーティファクトを彫り込み鋼などでコピーしていた場合は、コピーしていた彫り込み鋼自身を回収する事が可能となる。

これに該当するアーティファクトは決して多くはない。だが金粉の水蓮、カルニの宝石、面晶体の記録庫、夢幻の面晶体、スランの発電機と、無限マナの相方候補は優秀なのが粒揃いなのでEDHなどでは無理なく組み込める。特に記録庫と夢幻は無限ドローにも変えられるのでよりオススメ。

もちろんファイレクシアの変形者でもそれは可能ではあるが、ここでの問題は青マナの捻出が可能であるかどうか。金粉の水蓮とカルニの宝石しかこの条件を満たさないので無限ループには向いていないと言えるだろう。

個人的なオススメ枠は隕石。

f:id:SuperBr:20161206034240j:image

隕石を彫り込み鋼でコピーした場合、無限隕石が盤面に降り注ぐ事になる。ブレイゴの無限コンバットに続く無限隕石なのでEDHを盛り上げたい人は是非。

 

c.+親和クリーチャー+マイアの回収者orガラクタ潜り

f:id:SuperBr:20161206034356j:imagef:id:SuperBr:20161206034543p:imagef:id:SuperBr:20161206034515p:image

親和クリーチャーのマナコストというフレーバーテキストが活きる時が遂に来た。

マイアの回収者かガラクタ潜りで親和クリーチャーを回収し、親和クリーチャーを即座に叩きつけてサクッて回収者かガラクタ潜りを回収。以降無限に叩き続けるルート。因みにこの場合0.1マナアーティファクトは全回収可能(ガラクタ潜りなら2マナアーティファクトも)。

勿論マナコストは回収者orガラクタ潜りの2or3以上なのでやるなら金属カエル、マイアの処罰者、マイコシンスのゴーレムなど無色マナオンリーの親和クリーチャーでなければ難しい。特に金属カエルは軽減が容易なのでこれがメインか。

親和クリーチャー→適切なマナ域のアーティファクト→マイアの回収者→金属カエル→以下略という風に、親和クリーチャーと回収者の間にアーティファクト回収を挟めるのも強み。回収者が落ちた事で屑鉄さらいの能力が誘発するのも忘れてはいけない。

なおこちらはクリーチャーしか絡まないので、クラーク族の鉄工所の代わりにアシュノッドの供儀台でもループが可能。

f:id:SuperBr:20161206040818j:image

 

EDH脳の自分としては、特にエーテリウム造物師ブレイヤと覇者シャルムが試してみたいジェネラル筆頭。

今までの記事の通り、クラーク族の鉄工所はこの二体のデッキで大きな活躍を見せる一枚。それを活かせるとすればさらなる飛躍が期待出来るだろう。

〜追記12/6.12:00〜

f:id:SuperBr:20161206115803j:imagef:id:SuperBr:20161206115813j:imagef:id:SuperBr:20161206115824j:imagef:id:SuperBr:20161206115939j:image

無限ブレイヤループ発見。

ブレイヤをコピーした彫り込み鋼を伝説性で落として即回収。コピーが引き連れてきたトークンをサクッてマナに変えれば1マナ浮くので無限マナ無限トークンの達成。オリジナルのブレイヤで無限ショット!勝ち!

一枚一枚は汎用性高いカードばっかりだし試す価値はありかな。無限隕石よりかはまともでしょ()

 

ヴィダルケンの宇宙儀などで回収したアーティファクトで擬似瞬速による奇襲となりうるか。

またアーティファクトを多用するジェネラルは、除去対策や防衛策の一つとして一度入れてみても良いかもしれない。

 

ダンでもレガシーでも嫌な予感しかしない。それでも楽しい未来が待っているのは確実。

そんな超面白カードな屑鉄さらい収録《霊気紛争》プレビュー。

みんな見逃さずに見ていこうな!!

 

さてみなさんれっつMTG&EDH。

 

はぁ、どっとはらい