読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーぱーブラザーズの部屋

複数のTCG他諸々

異界月でEDH

MTG

異界月フルスポも終わり、EDHで楽しめそうなカードが沢山でましたね。

なので個人的に今、EDHで熱いカード達をちぇけらー。

 

1.墓後家蜘蛛、イシュカナ

f:id:SuperBr:20160711192228p:image

とうとう現れた伝説の蜘蛛。

 5マナ3/5到達とそこそこのスペックに加え、能力も非常にEDH向き。

有色無限マナでお手軽勝利。

昂揚達成で蜘蛛3匹を引き連れてくるcipが適用されるのでそれをどの様に使うかでも楽しめる、中々の良ジェネラル。

二体以上のトークンを引き連れて来るクリーチャーの例に漏れず、屍族の死のマントとの相性は抜群。

無限マナ無限トークンを初めとして様々なコンボも搭載出来るいぶし銀。

だがやはり一番の収穫としては部族•蜘蛛EDHが組める様になった事()

 

2.有事対策

f:id:SuperBr:20160712184942p:image

2マナで墓地に送れる占術5。

不要牌を、もしくはコンボパーツ墓地へ送りながらドローの質を上げれるのはソーサリーとはいえ中々ない性能。

裏切りの王シドリスやギサとゲラルフ、覇者シャルムといった墓地を利用するジェネラルで試してみる?

 

3.非実在

f:id:SuperBr:20160712185513p:image

ヴェンセールから熊要素を取っ払ったらなんかいい感じになって帰ってきた。

同じ様な効果の差し戻しと違い打ち消しではないので打ち消されない呪文にも対応可能、かつ送還の効果で出た脅威にも対応出来るすばらカード。

擬似的とは言えどカウンターと除去を使い分けれるのはEDHでは凄く重要で、意外と枠の調整が難しいカウンター•除去枠を同時に埋めてくれるはず。

 

4.異界の進化

f:id:SuperBr:20160712225445p:image

1マナ軽いオーダー系統の呪文。生贄にしたクリーチャーのマナコスト+2以下という破格の条件に加え、サーチ先も生贄も緑のクリーチャーに限定されないという使いやすさ。

出産の殻よろしくアカデミーの学長からのあざみMOMa、変身よろしくタシグルから潮吹きの暴君とEDHでお馴染みのギミックは勿論まだ見ぬギミックも探せる良いカード。

特にタシグル暴君は変身ギミックでの縛りが無くなる未来を手に入れたので楽しい道が見えそう。

 

5.地獄の樹

f:id:SuperBr:20160712231635p:image

タップで対戦相手1人のライフと自身のタフネスを交換するファンキー植物。

交換する点数は固定でないので、毒の濁流などでタフネスを下げてやるとその分ライフも下がる。

勿論能力をコピーした場合も同じで、壊死のウーズのタフネスを押し付ける事も可能。総じて黒の墓地利用デッキには一枚嚙める楽しい一枚。

 

5.異端聖戦士、サリア

f:id:SuperBr:20160713174210p:image

イニストラードの我らがアイドル、サリアたんが一回り成長して帰ってきた。

サイズも性能もワイルドさもさる事ながら、能力も中々良い一枚。

多色環境になりがちなEDHでは特殊土地メタはかなりの需要。特にフェッチランドは色さえ合えば圧縮も兼ねてフル投入される程で、2ターン分稼げる強みが生きやすい。

時には基本土地無しor1.2枚の構築もあり得るので、基本土地多めの多色や白単色に出番があるかもしれない。

またキキジキコンボやブーツ、すね当てからの即死を予防出来る。

 

6.意識の拡張

f:id:SuperBr:20160713175209p:image

 THE電波。7マナもかかってやることがランダム要素とロマン極まりない。誘発の機会は多けれど独楽や巻物棚で積み直されるのがオチだろうか。

追放したカードをそのままにも出来るから、継続的な没収カード?

 

7.シガルダの助け

f:id:SuperBr:20160713175644p:image

ついに出てしまった装備品のコスト踏み倒すエンチャント。このカードで無のロッド下でも装備品が使えるように•••はおまけとしても実はかなり高性能。

黒緑剣や赤青剣などの有名どころや、カルドラシリーズなどのネタ枠、生体外骨格や我々の刃などの人殺しのパーツまで幅広く利用できる。

旧アヴァシンでの世界薙ぎや、ウリル、シガルダなどのジェネラル単騎系には勿論のこと、白単ナヒリの奥義に対応しているのも見逃せない。

 

8.月への封印

f:id:SuperBr:20160713180356p:image

青単で使えるようになったドライアドの歌。青で触りにくいエンチャントとアーティファクトに対応していないのは残念だが、盤面に触れるカードが現れたのは青にとっては朗報か。

 

9.ネファリアのアカデミー

 f:id:SuperBr:20160713180739p:image

大体アカデミーと名のつくカードにクセのないカードは存在しない。

このネファリアのアカデミーは特にそれを感じられる1枚だ。

Wheel of Fortuneを始めとして、EDHでは全体を巻き込んでディスカード、大量ドローをさせるカードが多い。

その主な理由としてキープ、サーチしたカードを墓地に捨てさせてその後の動きを鈍くさせるのがある。

そのカードを残した上で手札がリフレッシュするというのはどういうことか。

勝ちである(暴論)。

 

10.ガイアー岬の療養所

f:id:SuperBr:20160713181431p:image

全員にルーター能力をプレゼントする土地。御心と比べると手札の枚数を増やさない、増やさせないが墓地を肥やせる、肥やさせる。

聖別されたスフィンクスは勿論、迷宮の霊魂や概念泥棒では相手に(たまに自分も)ディスカードを強要できる。

 

11.永遠の災い魔

f:id:SuperBr:20160713182305p:image

食物連鎖から無限マナが可能なクリーチャー、しかも緑単色他緑絡みなら無限マナ余裕でした。

クリーチャー主体になりやすい幽霊の酋長カラドールや、そもそも食物連鎖と相性の良いカーの空奪いプローシュなどでは採用される未来がある。

 

12.見事な再生

f:id:SuperBr:20160713182650p:image

よみがーえーれー。

土地を自分の墓地から全て出す中々はっちゃけたカード。

ドレッジメインのデッキや、ギトラグの怪物などの土地多めのデッキなら一枚仕込んでも楽しめるか。

 

13.約束された終末、エムラクール

f:id:SuperBr:20160713182928p:image

我はエムラクール()

やりたかっただけシリーズだが、ウギンの絆や締め付けがある時点でこれの無限キャストが決まると実質無限ターン。

 

どっとはらムラクール()