読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーぱーブラザーズの部屋

複数のTCG他諸々

アマリリスカウンター2015

遊戯王
(ダメージを)3倍返しだ!!
マリリスカウンターは常に進化しています。とりあえずデッキリスト

マリリスクラウンカウンター
モンスター 45枚
フェニキシアン•クラスター•アマリリス×3
溶岩魔神ラヴァ•ゴーレム×2枚
姫葵マリーナ×1
Emスティルツ•シューター×2
魔轟神ソルキウス×1
ドラゴン•アイス×1
Emトリック•クラウン×2
Emダメージ•ジャグラー×3
デブリ•ドラゴン×2
にん人×2
カードガンナー×2
ネクロ•ガードナー×3
三ツ目のダイス×3
クリバンデット×2
ヴォルカニック•カウンター×3
紅蓮魔獣ダ•イーザ×1
ローンファイア•ブロッサム×2
ゾンビ•キャリア×1
イービル•ソーン×3
スポーア×1
コピープラント×1
グローアップ•バルブ×1

魔法 8枚
ブラック•ホール×1
ハーピィの羽箒×1
異次元からの埋葬×1
手札抹殺×1
トレード•イン×2
死者蘇生×1
ワン•フォー•ワン×1

罠 7枚
停戦協定×1
針虫の巣窟×3
ブレイクスルー•スキル×2
スキル•プリズナー×1

エクストラ 15枚
神樹の守護獣•牙王×1
氷結界の龍トリシューラ×1
スクラップ•ドラゴン×1
ブラック•ローズ•ドラゴン×1
月華竜•ブラックローズ×1
HSR魔剣ダーマ×1
転生竜サンサーラ×1
フォーミュラ•シンクロン×1
竜騎士フェルグラント×1
聖刻神龍エネアード×1
永遠の淑女ベアトリーチェ×1
ライトロード•セイント ミネルバ×1
No.101S.H.Ark Knight×1
空海竜リヴァイエール×1
シャイニート•マジシャン×1

なんだこれは(愕然)となる方が間違いなくいるであろう我がデッキ。
モンスターだけで狂気の45枚。
空っぽのリストに限界まで夢と希望を詰め込んだデッキを人はこう呼ぶ。

フリー専用デッキと。

まぁ環境取るようなテーマデッキにサイド込みで勝てるデッキなんて環境デッキ以外存在しないから無問題無問題。
ただデッキパワーは下手な中堅より高いので是非試していただきたい。

さぁ、イカれた奴らを紹介するぜ!!


1.アマリリスカウンター
f:id:SuperBr:20150917182540j:plainf:id:SuperBr:20150917182531j:plain
デッキの核にして優良ダメージソース。カウンターの暴発を防ぐ壁兼カウンターの条件を満たすトリガーとしてアマリリスはかなり優秀。更にライフの1/10を継続的に持っていく点もグッド。
2.大量の防御札
f:id:SuperBr:20150917183102j:plainf:id:SuperBr:20150917183113j:plainf:id:SuperBr:20150917183152j:plain
さて、ヴォルカニックカウンターを最大限に活かすには微々たる超過ダメージや小粒なモンスターの直接攻撃、そしてカウンターの暴発を防がなきゃいけない。そこでこのカード達だ。基本ダメージを『回避』するカードはその場しのぎに過ぎないが、ダメージを受けるタイミングを『調整』するのにはうってつけ。何本と打ち込まれる連打に合わせ、見計らった必殺のカウンター!スカッとする勝利、そのための布石は多い方がいい。

3.クラウン
割愛する。彼が強い事はとっくに証明済みだからだ。

4.&シューター
f:id:SuperBr:20150917184351j:plain
だが彼の真価を理解している人は滅多にいないだろう。このカード、この墓地肥やしメインのデッキにおいては無類の狂カードと化す。例えば相手がアマリリスを攻撃して、墓地にこれがあれば計2800ダメージだ。勿論カウンターにも便乗出来る。不意な8000ダメージワンショットも夢ではない。そして彼には更にお得な特典がある。
f:id:SuperBr:20150917185738j:plain
そう、魔轟神ソルキウスでクラウンを捨て、シューターを蘇生すれば即座にランク6の構えを取れる。特に使用済みのダメージ•ジャグラーからトリッククラウンサーチ→ベアトリーチェの流れは美しい。オマケにアマリリスを投げ捨てれば相手の歪んだ顔をもっと楽しめるはずだ。今回は戦術の選択肢を手広く取れるベアトリーチェをリストに挙げているが、トレミスやガントレットシューターなども当然視野に入るので是非一考してほしい。

5.にん人って美味いよな!
f:id:SuperBr:20150924175723j:plain
だって使い道たっぷりだもん!ということで新規は積極的に採用して行くスタイル。手札のアマリリスや墓地落としの関係上、1体だけ残ったイービルソーンなどの不要牌の処理を任せれるのはやはり強い。三ツ目のダイスやゾンビキャリアといったチューナーとの相性も良好。特にスポーア、バルブとは一切ムダのないシナジーを見せる。このデッキでは兎角堪えることに重きを置いているのでサンサーラとダーマだが、☆5なら突破力重視で幻層の守護者アルマデスやAOJカタストル、☆6ならレッドワイバーンやゴヨウ•プレデター、渋いところでヘルブランブルやスプレンディットローズなども選択肢に上がるだろう。デブリやクラウンなどとランク4の素材になる最低限のアタッカー。そして何よりアマリリスのエサになれるのだから入れない手はない。


などとまぁ幾つか目ぼしい特徴をあげてみたが、正直リストを挙げた自分でも把握しきれない部分は山程ある。
ゾンビキャリアでのトップ操作は墓地肥やしと大きく関係するし、ソルキウスは手札の限り潤滑油となってくれる。
今回のベアトリーチェの登場やクリバンデットの緩和は非常に追い風で、脅威への対処の柔軟性と落ちの速さを備えた良い強化だったと思う。

以前のリストよりも更に枚数を増やした事で更に墓地肥やしを引きにくくなったのが厳しいところ。
そこはまぁ使い込みと慣れと感覚と運命力と右手の光具合で。
ここからシェイプアップして行くのが今後の課題である。